SIS検定に関する
お問い合わせ

メールでお問い合わせ 電話でお問い合わせ

TOPSIS検定 受験規約

SIS検定 受験規約

第1条(総則)

  1. SIS検定(Service Industry Specialist検定。以下、「本検定」といいます。)は、一般社団法人日本サービス産業協会(以下、「協会」といいます。)が実施する資格試験です。以下に規定する受験規約(以下、「本規約」といいます。)では、本検定の申込者及び受験者の権利と義務が規定されています。
    申込者及び受験者は、本規約の内容を理解し、同意して申し込みをしているので、本規約を遵守する義務があります。
  2. 本規約は、協会が主催・実施する全ての本検定を対象とします。

第2条(受験の申込み等)

  1. 本検定の受験申込みは、協会が定める所定の方法・手順に従って行うものとします。
  2. 協会は、申込者が次に掲げる事由に該当する場合には、本検定の申込みを承諾しないことがあります。
    1. 申込者が申込内容に虚偽の内容を記載した場合
    2. 申込者が受験料金の支払を現に怠り、又は怠るおそれがあると協会が判断した場合
    3. 申込者が、本検定を利用して第三者の権利を侵害し、又は違法行為をなすおそれがあると協会が判断した場合

第3条(受験契約の成立)

協会は、前条による受験申込み及び申込者からの受験料金支払確認後、申込者に対して電子メールによる方法で、本検定の受験票を通知するものとし、当該電子メール送信完了をもって、受験が決定するものとします。

第4条(受験料金)

本検定の受験料金は、別途検定毎に定めるものとします。

第5条(受験料金の支払方法)

  1. 本検定の受験申込後、前条に定める受験料金を協会が指定する金融機関口座へ振り込みによる方法にて支払うものとします。なお、振込手数料は申込者の負担とします。
  2. 前項の協会が指定する金融機関口座は、協会が受験申込みの受理後、協会から申込者へ通知(電子メールを含みます。)します。

第6条(入金後の申込キャンセル)

第3条に定める本検定の受験決定後に受験キャンセルの申し出をされた場合であっても、その理由の如何を問わず受験料金は一切返金致しません。本検定の受験を欠席した場合も同様とします。

第7条(機密保持)

  1. 申込者(受験者)は、本検定の申込み及び受験にあたり協会より開示された、又は知り得た営業上又は技術上の機密情報を機密として保持し、本検定の申込み及び受験以外に使用せず、第三者に開示・漏洩してはならないものとします。
  2. 前項の規定は、本検定受験後も有効に存続するものとします。

第8条(知的財産権)

本検定に関する著作権等の一切の知的財産権は協会に帰属します。

第9条(個人情報)

  1. 協会の個人情報の取扱いについては、協会の『個人情報保護方針』をご確認下さい。
    個人情報保護方針:http://hito-taisetsu.com/info/policy.html
  2. 協会は、本検定の実施にあたり知り得た、申込者(受験者)の氏名、住所、生年月日その他の個人情報を厳正に管理し、目的の範囲内で利用します。

第10条(再委託)

協会は、申込者(受験者)に対する、本検定受験の提供に必要な業務の全部又は一部を、協会の指定する第三者(本規約において「再委託先」といいます。)に委託できるものとします。

第11条(禁止事項)

  1. 受験者は、本検定を受験するにあたり、次の各号に定める事項を行ってはならないものとします。
    1. 申込者本人以外の第三者に代理受験及び受験権利の譲渡すること
    2. 協会及び運営スタッフの指示に従わないこと
    3. 他の受験者の迷惑になるような行為・言動等、又は本検定を妨害する行為をすること
    4. 検定中に携帯電話・スマートフォン及びその他電子機器を使用する、又は着信音・振動音等の音を発生させること
    5. 不正行為(カンニング行為、他人の代わりに受験、試験中に援助を他人に与えたり他人から受けたりすること等)をすること
    6. 他の受験者に対して、マルチレベルマーケティング、ネットワークマーケティング、その他連鎖販売取引への勧誘、宗教等への活動の勧誘、商品及びサービス等の購入の勧誘並びにセミナー等への参加への勧誘(これらの勧誘とみなされる一切の行為を含む)をすること
    7. 検定問題の全部又は一部を協会の許可なく他に開示・漏洩すること
    8. 検定会場内での録音・撮影行為、また本検定に関して知り得た情報全般を他者に開示・公開すること
    9. 問題冊子・解答用紙を、理由の如何にかかわらず検定会場から持ち出すこと
  2. 前項に定める禁止事項に該当する場合、又はその他本規約に違反する行為が認められる場合は、注意喚起を行うことがあります。注意があったにも関わらず改善が見られなかった場合、退場・失格となり、それ以降は本検定を受験できません。また受験料金の返金も致しません。また、受験者が本検定の受験後に禁止事項を行ったことが判明した場合には、協会が受験結果通知の中止、若しくは合格の取り消し等を行うことがあります。

第12条(所持品の管理)

検定会場内での貴重品、現金、手荷物、携帯品の管理は受験者自らが行い、協会は盗難、紛失その他について一切責任を負いかねます。

第13条(受験資格の失効)

受験者が、次の各号いずれかに該当した場合には、本検定の受験資格を失効し、その後、協会の如何なる本検定の受験できません。また受験料金の返金も致しません。

  1. 本検定の内容を改変して使用した場合
  2. 本規約又は法令に違反した場合
  3. 公序良俗に違反し、又は犯罪に結びつくおそれのある行為を行った場合
  4. 協会の事前の同意なく、協会の保有する著作権、商標権その他の知的財産権を使用した場合
  5. 協会又は協会の利害関係人に対し、誹謗中傷をしたと認められる事実がある場合
  6. 協会の事業活動を妨害する等により協会の事業活動に悪影響を及ぼした場合

第14条(インフルエンザ等感染症について)

インフルエンザ等その他感染症(学校保健安全法施行規則(昭和三十三年文部省令第十八号)第18条に定める各種感染症を指す。以下同様。)に罹患している場合及び医師の診断を受けていなくても罹患が疑われる場合は、受験を控えてください。インフルエンザその他感染症に罹患している又は罹患が疑われる場合、検定会場にて受験をお断りすることがあります。

第15条(異議申立の禁止)

問題内容や採点結果・合否通知については一切異議申し立てを受け付けません。

第16条(損害賠償)

申込者(受験者)は、本規約及び法令の定めに違反したことにより、協会又は第三者(講師等を含む。)に損害を及ぼした場合、当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第17条(免責事項)

協会は、火災、停電、地震、津波、噴火、台風、洪水、大雪等の天災地変、戦争、変乱、暴動、争乱、労働協議、伝染病流行等の不測の事態発生時は、試験を中止する場合があります。この場合、協会は協会が適当と判断する方法にて申込者(受験者)へ通知いたします。協会は、申込者(受験者)が本検定を受験したことにより、又は受験できなかったことにより発生した申込者(受験者)又は第三者の一切の損害について、受験料金の返金を含め、いかなる責任も負わないものとします。試験の変更、遅滞、中止等に基づく損害につても同様とします。

第18条(責任の上限)

本規約に別途定める場合を除き、如何なる場合においても協会が申込者(受験者)に対して負う責任は、当該申込者(受験者)が実際に支払った受験料金相当額を上限とします。

第19条(条項等の無効)

本規約の条項のいずれかの部分が無効である場合でも、当該条項以外の本規約の他の部分の有効性には影響を受けないものとし、かかる無効の部分については、当該部分の趣旨に最も近い有効な規定(内容)を無効な部分と置き換えるものとします。

第20条(協議事項)

本規約の解釈について疑義が生じた場合又は定めのない事項については、信義誠実の原則に従い協議の上、円滑に解決を図るものとします。

第21条(準拠法・合意管轄)

  1. 本規約の成立、効力、履行及び解釈に関する準拠法は、日本法が適用されるものとします。
  2. 本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合には、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第22条(本規約の変更)

協会は本規約を、申込者(受験者)へ予告することなく変更することがあります。また、変更後の本規約については、協会が別途定める場合を除いて協会のウェブサイト上に掲示した時点より効力が生じるものとします。

制定日 2016年11月11日

PAGETOP

ページ上部へ戻る